木づかいビジネス協議会

kizbiz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 20日

第3回木づかいビジネスセミナーのおしらせ

自然素材 「木」をデザインする
~活かし方を知ってデザインすると、おもしろいモノが生まれます~

 木は、昔から身近な素材として、家具や道具など、くらしの中で上手に使われてきました。それが戦後、プラスチックや金属などの異素材が多く使われるようになり、木の製品は姿を消していきました。けれど近年ではエコやスローライフという観念からも、木という自然素材が見直されています。
 この流れをうまくとらえ、日本の木の製品を広めるためにはデザインの力が不可欠です。
 木は手によくなじみ香りもよく、魅力的な素材です。けれど工業製品とは違い一つ一つに個性があるので、特性を知らずには、使い勝手が良く美しいデザインを生み出すことはできません。
 今回の「木づかいビジネスセミナー」では木を使ったデザインを多く手がけるインテリアデザイナーの岩本勝也氏を講師に迎え、木のデザインについて、特性の活かし方等について、お話しいただきます。
 岩本氏は、前回のセミナーでご紹介した「復興支援 東北材デザインコンペ」の審査委員長を務めます。木になじみのないクリエイターの方々に、コンペ参加へのヒントが詰まった内容になりますので、ふるってご参加ください。

   前回のセミナーの様子  

●樹種による用途の違い、効果的な使い方は?
●木の加工について、できること、できないこと
●デザインの重要性とは?消費者が手に取りたくなる木製品とは?

などを、お伝えする予定です。デザイナー以外の方も、もちろんご参加いただけます。
「復興支援 東北材デザインコンペ」への質問コーナーも設けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
■日 時: 2012年7月5日(木)19:00~20:00(18:30~受付)
■場 所: フォレスタ虎ノ門 「りせっとCafe」(東京都港区虎ノ門1−14−1) 
■参加費: 1,000円
■交流会: 20:00~21:30(会費 2,500円)
■定 員: 30名
■主 催: 一般社団法人 木づかいビジネス協議会

■講 師:岩本 勝也(エンバディデザイン
1965年生まれ。大阪芸術大学卒、丹青社入社。ミュージアムデザインを多く手がけ、デザインの力で、老若男女さまざまな人にモノとコトを伝える楽しみを知る。
1992年「デザインは、目的を具現化して、社会や人を幸せにすること」を基本理念にエンバディデザインを設立。
2004年「日本のモノづくり衣・食・住」をテーマに、別会社レーベルクリエーターズを設立。レーベルダイニングやカフェ・ショップを事業展開し、自己発信しながら社会と向き合う側面も持つ。JCD賞、DDA賞などの受賞だけにとどまらず、ライフスタイル誌 [ Pen ][ m ]のデザインアワードも受賞。
「復興支援 東北材デザインコンペ」では審査委員長を務める。


■お申込み■   
必要事項を下記までご連絡ください。参加のお申し込みは7月4日(水)17時まで受け付けます。
(定員に達していなければ当日のご参加も受け付けます)
 *お名前
 *ご所属
 *ご連絡先(お電話番号もしくはメールアドレス)
 *参加人数
 *交流会参加の有無

========================
一般社団法人 木づかいビジネス協議会 
担当:多田 知子
東京都中央区日本橋箱崎町20-3
TEL:03-5623-5535
MAIL:tada(a)kizbiz.org
========================
アドレスの(a)を@にしてお送りください
[PR]

by kizbiz | 2012-06-20 18:46 | 告知


<< 第3回木づかいビジネスセミナー...      第2回木づかいビジネスセミナー... >>