木づかいビジネス協議会

kizbiz.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 22日

第2回木づかいビジネスセミナーのお知らせ

木製品の付加価値を高める
「デザインコンペ」の有効性と、その課題について
~クリエイター参加の木づかいで、思いがけない製品が生まれます~

震災から2度目の春がめぐりましたが、被災地では復興へのスタートをやっと切ったばかり。
家や仕事を失った方々の暮らしはいまだ厳しい状況にあり、経済的自立、精神的支援のため
に被災者の雇用の場を作ることが必要とされています。
第1回目のセミナーでは、その解決策の一つとして東北の間伐材を製品化し、森林の復興と
被災地の雇用促進を図っていくというビジネススキームについてお話しました。
   前回のセミナーの様子
今回はデザインコンペという方法で、新しく製品を生み出すしくみ、全国のクリエイターを掘り
起こし、クリエイティブとエコを組み合わせる取り組みについてのお話です。

●東北材を使用する意義は?復興支援とビジネスの関係とは?
●製品を生み出すにあたり、コンペという方法をとるメリットは何か?
●デザインの重要性とは?消費者が手に取りたくなる製品とは?

などを、お伝えする予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実際の事例として、過去に講師が手がけた『吉野材を使った「暮らしの道具」デザインコンペ』
を題材に、消費者への波及効果と企業への有効性、そしてそこから見えてきた課題について、
ご紹介します。
そのうえで木づかいビジネス協議会が開催する『復興支援 東北材デザインコンペ』の概要に
ついてもご案内いたします。
 
■日 時: 2012年6月4日(月)19:00~20:00(18:30~受付)
■場 所: フォレスタ虎ノ門 「りせっとカフェ」 (東京都港区虎ノ門1−14−1) 
   ☆ 今回は杉がふんだんに使われたカフェにて、ゆったりとセミナーをお聞きいただきます!
■参加費: 1,000円
■交流会: 20:00~21:30 (会費 2,500円)
■定  員: 30名
■主  催: 一般社団法人 木づかいビジネス協議会

■講 師:服部 進 (木づかいビジネス協議会 理事/ハートツリー株式会社 代表取締役)
JTで商品企画、マーケティングなどを担当。その後、スポーツマネージメント、マーケティング
リサーチ等の会社を経て、2005年大塚製薬に入社し、「SOYJOY」の立ち上げ時のブランド
マネージメントを担当。2007年、ハートツリーを立ち上げ、代表取締役に。マーケティング活
動を活用した国産材製品の企画販売などの「ソーシャルプロデュース」を行っている。

興津世禄(おきつ せいろく) (株式会社クレコ・ラボ 代表取締役)
三菱総合研究所入社、新エネルギー・省エネルギー関連のプロジェクトに従事。ぐるなびを
経て、2006年にリサイクルワンに入社。カーボンオフセット事業の責任者として、事業の立
ち上げ及び運営に従事。2008年クレコ・ラボを設立、代表取締役に就任。

■お申込み■   
必要事項を下記までご連絡ください。参加のお申し込みは6月1日(金)17時まで受け付けます。
(定員に達していなければ当日のご参加も受け付けます)
 *お名前
 *ご所属
 *ご連絡先(お電話番号もしくはメールアドレス)
 *参加人数
 *交流会参加の有無

==========================
 一般社団法人 木づかいビジネス協議会 
 担当:多田 知子
 東京都中央区日本橋箱崎町20-3
 TEL:03-3668-6895
 MAIL:tada(a)kizbiz.org
 (a)を@に変えてお送りください
==========================
[PR]

by kizbiz | 2012-05-22 14:54 | 告知
2012年 05月 21日

第1回木づかいビジネスセミナー 開催レポート

だいぶ開催から日が経ってしまいましたが
第1回目の、木づかいビジネスセミナーの開催レポートをお届けします。


第一回 木づかいビジネスセミナー
開催日:2012.04.27(金)19:00~20:00
講 師:服部 進 氏(木づかいビジネス協議会 理事/ハートツリー株式会社 代表取締役)
参加者:21名


講演内容:【東北の森から復興支援プロジェクト】

■3.11から1年余り。われわれになにができるのか?
セミナーは3.11以降の、東北の話から始まりました。
いま、現地の人々に必要なものはなんでしょうか?

それは「仕事」です。
ではどこで雇用を生み出すか?
海や田畑は深刻な津波被害・塩害により、復旧に時間がかかる状況です。
しかし山は?

壊滅はしていません。
そこで…林業で雇用を生み出そう、というプロジェクトが始まりました。

■森の復興と、雇用の創出
2012年3月、宮城県南三陸町に、ある工場が設立されました。
フロンティアジャパン株式会社 南三陸工場。
元入谷中学校の校舎を用いたこの工場では、被災地の方を雇用し、
森林保全の過程で生まれる「間伐材」を用いた ノベルティグッズを製造・販売しています。
(ここでグッズの紹介がありました)

■間伐材を使ったビジネススキームを東北に!
間伐材を製品化し、BtoB(企業ノベルティグッズ)、BtoCで売り出す。
素材→製造→アッセンブリー→お客様までのラインを一本化する。
そうして、森林の復興と被災地の雇用促進を図っていきます。

■デザインの重要性
この際、デザイナーと連動した商品企画をすることが大事です。
海外の木製品はデザインが優れているため人気です。
日本でも消費者が“欲しくなる商品”を作ること、
消費者にとっては復興支援は後付けで、
“この商品がいいから買う”
そういうふうに持っていくことができるかがポイントとなっていきます。

■世界に目をむけること
世界には日本や日本のモノが大好きなひとたちが、たくさん居ます。
現状じつに200を超えるJapan Expoが開催されています。
しかし、日本の木材や木製品はなかなかそこに進出していません。
世界に目をむけ、日本のブランドとして海外にも持っていけるような商品をつくり、
アピールしていくべきと考えます。


以上、第一回セミナー内容でした。

第2回目のセミナーは6月4日(月)19:00から開催します!
[PR]

by kizbiz | 2012-05-21 20:34 | 活動報告
2012年 05月 02日

第1回目のセミナー、無事に終了!

a0266943_18311365.jpg
木づかいビジネスセミナーVOL1、
無事に終了いたしました。

今回は、「『復興支援ノベルティ』で広がる、企業の新しい動き」
というテーマの通り、南三陸町で始まった取組みの話を中心に
復興に向けた「木づかい」のあり方を提案していくセミナーとなりました。

中でも、
世界に「JAPAN EXPO」と名のつくものがどれだけ沢山あるか
日本のモノがあるというだけで、人が集まってくる、
なのに、そのことを肝心の日本人は知らない…
という話が、印象的でした。

交流会も和やかに行われ、アットホームな雰囲気の中
木づかいの普及を目指す、新しい仲間ができたと感じた
セミナーとなりました。


次回は6月4日(月)の、なぜか虫歯の日に開催予定です。
改めてまた告知を行います。

お運びいただいたみなさま、誠にありがとうございました。
いらっしゃれなかった皆様は、次回にぜひ!
お待ちしております!
[PR]

by kizbiz | 2012-05-02 18:31 | 活動報告