木づかいビジネス協議会

kizbiz.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 15日

第4回木づかいビジネスセミナーのお知らせ

復興支援木づかいプロジェクト
    ~タコマツの木づな~ タコマツで、つながろう。

“一家に一台、杉の家具”をスローガンに、全国的な任意団体でゆるく、かつ熱く活動する「日本全国スギダラケ倶楽部」。そしてその発起人の一人、若杉浩一氏は、勤務先の内田洋行のオフィス家具ラインナップに、杉を使った製品を加えた情熱の持ち主です。
今回は東北の被災木を、もう一度木としてよみがえらせる企画「タコマツの木づな」について、若杉氏が熱く、熱く語ります。
被災木の使い道、処分方法は、チップ化し燃料として焼却したり、紙の原料にしたりというのが主ですが、中にはまだそれ以外にも使える木があります。それらをシンプルなスツールやベンチにして、全国で使ってもらうことで、被災地のことを気にかけ、つながろうというのがこのプロジェクトです。
深刻な状況が続く被災地で、少しでも笑顔を生み出すお手伝いをしたい。そのために通常の復興支援としての製品販売ではなく、「タコマツ」というキャラクターを登場させ、あちこちに広まっていくというストーリー性を持たせている、このプロジェクト。
その「タコマツ」誕生秘話(?)や、プロジェクトコンセプトなどについてお話しいただきます。
 
  タコマツとは何者か?長く続ける復興支援のために、欠かせないモノとは?  
    
a0266943_1610158.jpg
前回のセミナーの様子

■日 時: 2012年10月25日(木) 19:00~20:00
(18:30~ 受付)
■場 所: フォレスタ虎ノ門 「りせっとCafe」(東京都港区虎ノ門1−14−1) 
■参加費: 1,000円
■交流会: 20:00~21:30(会費 2,500円)
■定 員: 30名
■講 師: 若杉 浩一(パワープレイス シニアディレクター)
1959年生まれ、熊本県天草郡出身。1984年九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒、
同年、株式会社内田洋行入社。デザイン、製品企画、知的生産性研究所、
テクニカルデザインセンターを経て、現在はパワープレイス株式会社シニアディレクター。
東京芸術大学美術学部非常勤講師。
2012年から 企業の枠やジャンルの枠にこだわらない活動を行う。
やりすぎてデザイナーを首になるも性懲りもなく、企業と個人、社会の接点を模索している。
スチール家具メーカなのに何故か、日本全国スギダラケクラブを南雲勝志氏と設立。
ドイツIF賞、DESIGNPLUS特別賞受賞、全国都市再生まちづくり会議2007にて、
2007年度まちづくり大賞をスギダラケ倶楽部にて受賞。

■主 催: 一般社団法人 木づかいビジネス協議会

■お申込み■   
必要事項を下記までご連絡ください。参加のお申し込みは10月24日(火)17時まで受け付けます。
(定員に達していなければ当日のご参加も受け付けます)
*お名前 
*ご所属 
*ご連絡先(お電話番号もしくはメールアドレス) 
*参加人数
*交流会参加の有無

========================
一般社団法人 木づかいビジネス協議会 
担当:多田 知子
東京都中央区日本橋箱崎町20-3
TEL:03-5623-5535
MAIL:tada(a)kizbiz.org
========================
アドレスの(a)を@にしてお送りください
[PR]

by kizbiz | 2012-10-15 16:36 | 告知


<< 復興アクション「森のチカラで、...      復興支援 東北材デザインコンペ... >>